glee シーズン1 第11話「究極の”ヘアー作戦”」(HAIROGRAPHY) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第11話「究極の”ヘアー作戦”」のあらすじ

地区大会まであと少し。しかし、スーが怪しい(※スーはニュー・ディレクションズの相談役)。

ウィルに「地区大会の対戦校がどこか?」とか、「歌う予定の曲リストを見せろ」と、しつこく言ってくるのだ。

”曲リストを他校に渡したのでは?”と心配なウィルは、エマに相談し、対戦校であるジェーン・アダムス校のコーチを訪れて、尋ねることに。

しかし”生徒たちが犯罪者だから”ということで疑われたのか!?と、ジェーン・アダムス校のコーチに怒られてしまう。そこでお詫びとして、講堂がないジェーン・アダムス高を招待し、公演会を開くことに。

 

ジェーン・アダムス校は、「Bootylicious」を歌いながら、髪を振り回し、派手なパフォーマンスを披露!

予想以上のパフォーマンスに、不安になったウィル。レイチェルから、「あれは”ヘアー作戦”といって、下手なダンスをカバーしているだけで、心配ない」と言われる。

だが心配になってしまったウィルは、みんなにウィッグをつけさせ、同じようにヘアー作戦をすることに!ちなみにスーからもヘアー作戦を反対されるが、ウィルは構わず続行。

 

その頃、産んだあかちゃんをテリにあげる予定のクインは、自分で育てたい気持ちもあって、悩んでいた。そこで赤ちゃんの本当の父親であるパックにも、(カップケーキをクインのために必死で売って費用を稼いでくれたから)チャンスをあげることに。

しかしパックと話していると、フィンに嫌がられる。そこでフィンの気持ちを逸らすために、カートをそそのかし、ダサい格好のレイチェルをイメチェンしてもらうことに!

カートからのアドバイスでその気になっちゃったレイチェルは、大人っぽい服を着て、見事イメチェンに成功し、更にフィンを家に誘うことにも成功!!

その夜、レイチェルは厚化粧して、かなり大胆な格好で、フィンを誘惑する。しかしフィンは、そんなレイチェルに失望。「哀れな娼婦みたい。いつもの方が良い」と言って、何もせず、立ち去る。

後日、カートに文句を言っているうちに、レイチェルは”恋のライバル”だから蹴落とされたのだと気が付く。でも結局、2人は負け犬。フィンはクインのもので、2人にはもうすぐ子供が生まれるからだ。そこで”諦めよう”と、カートはレイチェルを諭す。

スポンサーリンク

 

ここでテリは、クインが赤ちゃんを自分で育てたいと言い出したことで焦っていた。そこで育児の大変さを思い知らせてやろうと、テリの姉の3人の男の子のベビーシッターをさせることに。3人は、母が手を焼く、超ワンパクなのだ。

クインはベビーシッターに、パックを誘い、2人で子守をする。最初は3人のワンパク坊主にやられっぱなしだったけど、パックのギターをバックに、クインが「Papa Don’t Preach」を歌うと、大人しくなる。そして無事に3人をお風呂にいれ、寝かすことに成功!

これには、テリも、テリの姉もびっくりする程。それぐらい、3人ともヤンチャだからだ。

意外なことに、ベビーシッターが楽しかったクイン。パックはメールばかりしていたことは気になったが、それでも「楽しかった」と。さらに「2人で子育てできると、証明できたな」とも。

”パックと2人なら、子育てできるかも”、と思ったのも束の間、実はその夜にパックはエロメールをずっとやっていたことをサンタナが暴露!驚くクインだったが、パックの携帯電話を確認すると、本当だった…。

しかも問いただすと、パックは「こういう誘いは断れない」と開き直り、「でも良い父親にはなる」と、訳のわからないことまで言い出す。

失望したクインは、子供には優しい父親が必要と、テリにあかちゃんを渡すことに。ウィルなら、優しい父親になれるからだ。そしてフィンとは、元通りの恋人同士に(※フィンもクインも、お互い何があったのかは秘密)。

 

さて。ヘアー作戦を練習中のこと。同じく地区大会のライバル校であるデイトンろう学校のコーチから、ジェーン・アダムス校だけを呼ぶのは不公平と抗議され、公演会を開くことに。「Hair/Crazy In Love」を歌いながら、ヘアー作戦を実行するニュー・ディレクションズ。

このパフォーマンスは、なんていうか、まぁ、悲惨。

一方、デイトンろう学校の生徒は手話を使い、「Imagine」を一生懸命に歌う。

その姿に感動したグリークラブのみんなは、次第に一緒に歌を歌いはじめる。

そしてウィルはやっと、ヘアー作戦が失敗であることを認めた。そこで派手なパフォーマンスなんて何もしない、「True Colors」を最後に歌う。

そして最後。ウィルはヘアー作戦に反対していたスーに感謝を伝え、曲リストを渡す。しかし、それが大誤算!なんとスーは、ライバル校のコーチ2人に、曲リストを渡し、その曲をそれぞれ歌うように説得までしたのだ!!

しかも地区大会で、ニュー・ディレクションズが最後にパフォーマンスように、順番まで小細工までするスー。これでは、大会で歌う曲がなくなってしまう!負ければ廃部なのに、ニュー・ディレクションズはどうなる?

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1  第11話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Bootylicious ジェーン・アダムス校グリークラブ Destiny’s Child
Don’t Make Me Over メルセデス
(※ドラマではサントラのみで、歌っていない)
ディオンヌ・ワーウィック
Papa Don’t Preach クイン MADONNA
Hair/Crazy In Love ニュー・ディレクションズ ミュージカル「Hair」/Beyonce
Imagine デイトンろう学校合唱部,ニュー・ディレクションズ ジョン・レノン
True Colors ニュー・ディレクションズ Cyndi Lauper

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第11話の感想

久々に見直すと、クインって本当に自分勝手。両親に家を追い出され、フィンの家にお世話になり、更に妊婦検診費用を出してもらったりしていても、それを”当たり前”と受け取っている。”感謝”して、当たり前なのに。しかも、フィンの子じゃなくて、本当はパックの子なのに。

自分が妊娠でいっぱい、いっぱいなのはわかるけど、ひどすぎる。このあと、いつだったか忘れたけど、パックが”レイチェルより自己中”と言ったのが、よく分かるよ。見直してみると、確かにこの頃は、あのレイチェル以上だね。

(※シーズンが進むにつれて、クインは丸くなり、レイチェルは加速するから、レイチェルの方が自己中の記憶がなんだけどね)

しかも今回、パックを試そうとするし。…で、結果ダメだったから、フィンに戻る。本当に、勝手だなぁ。

でも「シュースター先生なら」と、テリにあかちゃんをあげると話した後に、ウィルに抱きついた時には、”あー”って思った。高校生で、その上に彼氏じゃない人との赤ちゃんで、いろいろ複雑なんだろうな。って。

そしてもう1人勝手なのが、ウィルの妻テリ。同じ元チア部で、高校時代は人気者の勝ち組同士。いつウィルが妊娠していないことに気がつくか、戦々恐々としていても、平然と”妊娠している”と嘘をつきとおすし。

今回、ウィルにブルーボマーを買って修理させることで、気をそらすのって、クインとやっていることが同じだよ(笑)。2人は似ている。人を騙しても、気にとめないところ、とかね。

glee シーズン1 第12話「思い出のアルバム撮影」(MATTRESS) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ