glee シーズン1 第10話「レイチェルの猛アタック」(BALLAD) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第10話「レイチェルの猛アタック」のあらすじ

地区大会で、バラードが課題となった。そこでウィルは2人ペアーとなり、バラードを練習させることに。病欠のマッドの代わりにウィルとペアを組むことになったのは、なんとあのレイチェル!!

ノリノリのレイチェルは、渋るウィルを強引に誘って、みんなの手本として「Endless Love」を歌う。

しかし歌っている間に、曲に入り込みやすいレイチェルは、なんとウィルに恋をしてしまう!

これにウィルが困る。実は過去に、ペッパーという生徒に恋されてしまった。テリのアドバイス通りに、ペッパーをはっきり拒絶したら、世界一辛い唐辛子を食べられ、昏睡状態となってしまったという苦い過去がある。

だからレイチェルも同じように拒絶したら、何をしでかすか不安で、ウィルははっきり拒絶できないでいた。 エマに相談したところ、歌で表現するようにアドバイスされ、「Don’t Stand So Close to Me/Young Girl」のマッシュアップを歌う。

”近づくな!”という歌詞だけど、レイチェルはウィルにメロメロで、ウィルの気持ちが全く伝わらない。ちなみにとなりで聞いていたエマも、同じようにウィルにメロメロに(笑)

 

レイチェルは今までと同じように、積極的にアプローチを続け、終いには、なんとウィルの家に行って料理や掃除までする程。ちなみにテリは、自分が楽できるからと、レイチェルを好きなだけ、こき使っていた。

ウィルが車で送る途中、レイチェルは「Crush」を歌いだす。が、ウィルに嫌がられる。

それでもめげないレイチェルだったけど、過去同じようにウィルに恋をし、痛い目にあったペッパーに説得され(?)、諦めることに。これにて、一件落着!

スポンサーリンク

 

しかしその間も、いろいろある。各々がバラードの練習中、みんなは妊婦のクインと、フィンを心配していた。クインの妊娠が学校中にばれて、更にチア部を退部させられ、落ち込んでいるからだ。

しかし、みんながフィンに同情していることと、クインを独り占めしていることに苛立つパックは、「赤ちゃんの父親は俺だ」と、暴露してしまう。その告白に戸惑うメルセデスだったが、それでもクインが父親に選んだのはフィンだから、それを受け入れるようにパックに諭す。

 

そんなことも知らず、子供の父親だと信じているフィンは、フィンに恋をしているカートとバラードを練習していた。しかし赤ちゃんのことを考えると、イライラし、集中できない。そこでカートのアドバイス通りに、赤ちゃんを想いながら「I’ll Stand By You」を歌う。

しかし赤ちゃんのエコー画像を見ながら歌っているところを、フィンの母キャロルに見つかってしまう。クインの妊娠がキャロルにバレてしまったのだ!泣いて謝るフィンに、「大丈夫、大丈夫」と言いながら、フィンを励まし、キャロルは戸惑いつつも受け入れる。

 

カートの励ましもあって、フィンはクインの両親との食事会で、「You’re Having My Baby」を歌い、両親に妊娠を告げる!(※クインに了承を得ていない。クインは両親に内緒のまま産み、養子に出すつもりだったから)

この告白に、クインの父は激怒!母は黙っているだけ。実は、母親は以前からクインの妊娠に気がついている節があったが、父が怖くて、黙ったままだったのだ。

クインは妊娠を受け入れて欲しいと、両親に必死に訴えるが、ダメだった。家から追い出されてしまったのだ!そしてフィンがそんなクインを家に連れて行くと、キャロルは受け入れてくれた。

 

最後にクインとフィンを励まそうと、「Lean on Me」をグリークラブで歌い、”辛い時は頼ってほしい”というみんなの気持ちを伝える。(パックも一緒に歌う)

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1  第10話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Endless Love レイチェル、ウィル ライオネル・リッチー & ダイアナ・ロス
I’ll Stand By You フィン Pretenders
Don’t Stand So Close to Me/Young Girl ウィル The Police/Gary Puckett & The Union Gap
Crush レイチェル Jennifer Paige
(You’re)Having My Baby フィン ポール・アンカ & Odia Coates
Lean on Me ニュー・ディレクションズ Bill Withers
後にClub Nouveauがカバー

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第10話の感想

今回、クインが両親に必死に訴えて、そして「ありのままの私を受け入れて欲しい」という言葉に、ウルッときちゃいました。でも、そんな切実な娘の想いを受け入れない父。そしてそんな父に黙って従う母。あれは、ひどい。

”両親の望む良い子”ではないと受け入れないっていうのは、”条件付きでないと愛せない”って言われているみたい。誰だって、過ちは犯しちゃうもの。でも、それでも、その全て丸ごと愛してくれるのが、親なのに。

クインは、どことなく冷たい。でもそれは、”あの両親だから、そうなんだ”、っていうのが分かった。子供って、両親の影響をモロに受けるからね。私も親だから、気をつけなくちゃなー。

また今回は、レイチェルの単純さが面白かった!!そしてそんなレイチェルを嫌がるウィルも(笑)。元々レイチェルって、うざくて、みんなから嫌われているから、ウィルに嫌がられても気にしないし、ヘコタレないし。

でも本当、レイチェルのそのタフさは、すごい!健気にアプローチしているのは、ちょっと可愛かった。でもそれ以上に、うざいけどね(笑)

glee シーズン1 第11話「究極の”ヘアー作戦”」(HAIROGRAPHY) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ